出会い・婚活パーティーのホームページのポイント

婚活パーティー運営を快適にする「パーティー管理」機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パーティー管理機能

婚活パーティー運営を快適にする「パーティー管理」機能

婚活パーティー運営にWebサイトの運用は必要不可欠です。
その中でも最も重要な役割を果たす機能のひとつがパーティー管理機能です。
なぜ婚活サイトにパーティー管理機能が必要なのか?をご紹介します。

婚活サイトも増えている

パーティーイメージ

10年ほど前(2010年以前頃)まではクーポン詩やタウン誌などのペーパーメディアでの婚活パーティー告知広告で充分集客することができましたが、現在はスマホの普及により、今や婚活パーティーの集客にWebサイトは欠かせません。

昨今の未婚化・晩婚化傾向の中、市場ニーズの拡大とともに婚活ビジネスも拡大し、今では「婚活」という言葉もすっかり市民権を得ていますが、それに比例して婚活パーティーの運営事業者も随分増えました。
現在では、婚活パーティー事業者が市場での競争に勝つための様々な企画を打ちたて、婚活ユーザー争奪戦を繰り広げています。

事業者が多い=多くの婚活パーティー情報が氾濫しています。
ユーザーは価格競争の恩恵や、多くの婚活パーティー情報の中から自分が参加したいと思えるような情報を選び参加することができます。

トライ&エラーで企画の精度を高める

婚活パーティーの集客は様々な内容を企画し、おおむね1~2ヶ月前から参加者を募集するところから始まります。
より多くの婚活パーティーを実施することも大切ですが、よりピンポイントな内容の企画で訴求することも大切です。

ユーザーは自分にとって理想の相手に会える期待値の高い出会いの場を求めています。
ちょっと古いですが、一昔前(バブル期)で言えば「高収入」「高身長」「高学歴」の3K、イマドキですと「低姿勢」「低依存」「低リスク」「低燃費」のいわゆる「4低」でしょうか。
これらに加え、「趣味」「好み」など、相手に求める条件を具現化したパーティーを実施することが集客に繋がります。

しかし、婚活パーティーの企画がニッチであればあるほど、エッジが効いていればいるほどに、対象となる人の絶対数が限られるのも事実で、あまり条件を絞りすぎるとかえって参加者が集まりにくくなります。
そこで必要なのが「パーティー管理機能」を活用した運用です。

多種多様な婚活パーティーを企画しつつも、状況を見極めながら、時には「企画倒れだ」と思ったらパーティー実施を見送る決断も必要になります。
トライ&エラーを繰り返し、企画実施の精度を高めていく訳ですが、パーティー管理機能があれば即座に臨機応変な対応が可能になります。

一度企画したパーティーはできる限り実施する

集客の状況により婚活パーティーの開催自体が危ぶまれることもよくある事です。
ただし、一度企画して募集した以上はむやみに見送るべきではありません。
すでに参加応募しているユーザーや、検討中のユーザーがいる場合は期待を裏切ることにも繋がります。

もし、あるユーザーが応募した婚活パーティーが頻繁に中止になれば、ユーザーからの信用を失い、そのユーザーはきっと貴社のサイトから離れていきます。
企画によっては、男性ばかり集まったり、逆に女性ばかり集まったり、片方は定員を大幅にオーバーするぐらい集まって、もう一方は全然集客できなかったり。
あるいは、男女ともちょうど定員が集まり、ホッとしていたところにドタキャンが発生することもあります。

ユーザーに支持されるパーティーになるには、そういった状況を見極めながらパーティー管理機能を駆使して安定したパーティー開催をしていくことが重要になります。

ギリギリまで対応する

ユーザーも働いている人が多かったりしますから、寸前まで予定を決められない=前日~当日に応募が集中することもよくあります。
随時婚活パーティーの状況「男性残りわずか」「あと○名」「女性満席」など情報を更新しリアルタイムに発信しつつメルマガ等も併用していくことにより、参加者のアクションを促します。

ちょっとした世の中の状況の変化にも左右されます。
台風の影響などで交通アクセスが混乱することが予想され、婚活パーティーを中止・延期しなければならないという決断を迫られることもあります。

そういった状況に臨機応変に対応するためにはリアルタイムに、管理者がいつでも簡単操作で自由自在に様々なパーティーを企画し、発信したり、参加者の集まり具合など状況により対応を可能にするパーティー管理機能は、成果につなげる必須アイテムとなり、業務量を劇的に軽減します。

パーティー管理機能は使いこなせば最強の集客ツールになる

・ユーザーの細かい(ニッチな)ニーズに対応した多種多様のパーティーを発信できる
・リアルタイムで状況にあわせて発信できる。

真剣な出会いを探しているユーザーは、パーティーの検索機能が充実しており、自分好みの婚活パーティーを直ぐ見つけることが出来るようになっているサイトを支持します(もちろん、パーティーの数・種類が充実していることが必須条件ですが)。

ユーザーが求める婚活パーティーを企画し、できるだけ実施していくことを繰り返し積み重ねていくことが、最終的にはユーザーから支持される婚活パーティ事業者への近道です。

会員管理機能と連動することで、パーティーごとの参加者管理やユーザーの決済管理も可能になり、実際のパーティー運営までトータルでの効率化も図れます。

事業者ごとにご希望の「パーティー管理システム」の構築も行っております。
これから婚活ビジネスを立ち上げる、婚活サイト制作をご検討でしたら、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

出会い・婚活サイトの制作実績を一部ご紹介>

婚活ビジネスを開業して、成功するための2つの基本>

婚活ビジネスの成功に、会員管理機能が必要な理由とは?>

お問い合わせはこちら


具体的な制作予定はないが、とりあえず話が聞きたいホームページ制作を考えているホームページの制作会社を探しているホームページはあるが、運用に困っているIT 導入補助金に興味があるその他


≫KG-net利用規約 ≫プライバシーポリシー
※送信前に必ず利用規約・プライバシーポリシーをご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加