IT導入補助金

【2019年】IT 導入支援事業者として認定されました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
数値を解析しながらホームページ運営を行っているイメージ

㈱KG情報は2018年に引き続き、2019年もIT 導入支援事業者として認定されました!
生産性向上のための、IT導入補助金制度を活用しませんか?

以下、2019年度のIT導入補助金制度について、簡単にご紹介します!

IT 導入補助金とは

中小企業・小規模事業者のみなさまが、
IT ツールを導入する経費の一部を国が補助する制度
⇨目的は、生産性の向上を図ること

 

補助対象経費は、IT 導入支援事業者によりあらかじめ事務局に登録されたIT ツールとなります。
補助事業者はIT 導入支援事業者へ相談を行い、生産性向上に寄与する適切なIT ツールを選択し、申請することになります。
⇨ KG 情報は、IT 導入支援事業者として認定されています。

2019年のIT導入補助金は、昨年までの制度と大きく異なり、ホームページ制作のみでの申請はできなくなりました。2019年はより高度なIT化を推進していくこととなり、その分補助金の額も引き上げられています。
このページでは、IT導入補助金についてできるだけわかりやすく解説致します。

【関連記事】IT導入補助金の活用メリットについて>

IT 導入支援事業とは?

平成29 年度補正サービス等生産性向上IT 導入支援事業のこと

お客様がすること

IT ツールを導入し、継続的に運用して経営力の向上、生産性の向上を図る

KG 情報がすること

・IT 導入補助金の各種申請等の手続きを代理で行う
・生産性向上に向けた事業計画の策定をサポート
・審査の際に加点項目となる取り組みのご案内
・IT ツールの提案・導入及び運用支援を行って効果を最大化する

KG 情報は、IT 導入支援事業者として、ITツールの説明、導入、運用方法の相談等のサポートを実施します。IT導入支援事業者は、事務局等による審査の結果採択された事業者であり、IT導入支援事業者が提供するITツールのみが補助対象となります。
また、交付申請や実績報告等を補助事業者と共同で作成し、代理で申請を行います。

2019年は補助対象・補助金の支給額が昨年の内容から大きく変更になりました。

補助額について

IT サービス導入費用の最大1/2 が補助されます

補助対象経費区分

ソフトウエア費、導入関連費等

補助率

1/2 以内

補助上限額/ 下限額

A類型 40万~150万円未満
B類型 150万~450万円

IT導入補助金の位置づけ

平成30年度補正予算「中小企業生産性革命推進事業」では、中小企業・小規模事業者のIT化を、IT導入補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金が一体となり推進します!
IT導入補助金は、多機能・多様なITツールに対応できるよう補助額を増額し、より業務プロセスやバックオフィス業務を中心としたIT化を促進します。

補助対象事業者となるのは?

中小企業・小規模事業者

中小企業・小規模事業者等
(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

  • 足腰の強い経済を構築するため、生産性の向上に資するITツールを導入する事業を実施する、日本国内で事業を行う『中小企業・小規模事業者等(法人または個人)』であり、法人の場合『みなし大企業』でないこと。
  • 本事業を実施することにより、3年後の生産性の伸び率が1%以上、4年後:1.5%以上、5年後:2%以上となる計画を立てられること。
  • 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律で定める「風俗営業」、「性風俗関連特殊営業」及び「接客業務受託営業」を営むものでないもの。
  • 中小企業・小規模事業者等又はその法人の役員が、暴力団等の反社会的勢力でないこと。反社会的勢力との関係を有しないこと。
  • 申請の対象となる中小企業・小規模事業者等は以下のとおりとです。

2019年補助対象業者一覧

補助金の対象となるITツールは?

ソフトウエア費、導入関連費等

※事務局に登録されたITツールが補助金の対象です。

ITツールとは

ITツールとは、システム化が不十分な業務分野に導入されるソフトウェアと、関連するオプション、役務からなり、補助事業者の労働生産性向上に資するものとします。
IT導入支援事業者は、ITツールを事前に登録しなければなりません。
申請されたITツールは、外部有識者と外部審査委員会によって審査が行われ、登録の採否を決定します。

以下は本補助金の対象外となります

✕ ハードウェア・組込み系ソフト・スクラッチ開発
✕ 料金体系が従量課金方式・広告宣伝費を含む
✕ 会員登録した利用者に対する情報提供サービス
✕ 緊急時連絡システム、BCPシステムなど恒常的に利用されないシステム
✕ VR・AR用コンテンツ制作、デジタルサイネージ用コンテンツ制作、コンテンツ配信管理システム
✕ 利用者が所有する資産やブランドの価値を高める目的のシステム

ECサイトを除き、ITツールと連携しないホームページ制作は対象外となりました

2019年度IT導入補助金 昨年・一昨年との違い

2017年 2018年 2019年
所轄官庁 経済産業省 経済産業省 経済産業省
予算総額 100億円 500億円 100億円
補助対象者 中小企業、小規模事業者 中小企業、小規模事業者 中小企業、小規模事業者
補助対象となる
ITツール
事前登録されたパッケージ
ソフト・サービス導入費
※ハードウェアは対象外
事前登録されたパッケージ
ソフト・サービス導入費
※ハードウェアは対象外
事前登録されたパッケージ
ソフト・サービス導入費
※ハードウェアは対象外
補助率 案件総額の3分の2 案件総額の2分の1 案件総額の2分の1
補助額 20万~100万円 15万~50万円 40万円~450万円
交付申請書受付 一次公募
申請期間:2017年1月27日~2月28日

二次公募
申請期間:2017年3月31日~6月30日

一次公募
申請期間:2018年4月20日~6月7日
交付決定:2018年6月14日(木)
二次公募
申請期間:2018年6月20日~8月3日
交付決定:2018年8月15日(水)
三次公募
申請期間:2018年9月12日~11月19日
交付決定:2週間毎計5回
一次公募
<A類型>
申請期間:2019年5月27日~6月12日
交付決定:2019年6月26日(水)
<B類型>
申請期間:2019年5月27日~6月28日
交付決定:2019年7月16日(火)
二次公募
申請期間:2019年7月中旬開始予定
交付決定:未定
事業実施期間 約3ヶ月 約3ヶ月 約5ヶ月
交付決定件数 約14,300件 約63,000件 予想8,000~12,000件
全体の予算が減りながら、補助額が増額したので採択の倍率はかなり高くなるものと思われます

申請について

申請時、必要手続き

法人:「法人インフォ」を使用して法人情報の確認を行うため、原則資料の添付は不要。
個人事業主:公的身分証明書・事業の実態が確認できる資料(名刺、チラシ、開業届等)
※他、IT補助金ポータルにて入力していただく項目あり。

注意点

採択の結果、ご期待に沿えない場合がございます。

※採否基準は非開示の為、理由はお答えできかねます
● 制度の条件で採択後に「一括でのお支払い」となります
●申請の混雑や手続きに時間を要する場合がございますので
出来る限り早期の申請手続き開始をお勧め致します
※お申込手順につきましては、別途、弊社よりご案内致します。

IT導入補助金の関連記事はこちら

お問い合わせはこちら


具体的な制作予定はないが、とりあえず話が聞きたいホームページ制作を考えているホームページの制作会社を探しているホームページはあるが、運用に困っているIT 導入補助金に興味があるその他


≫KG-net利用規約 ≫プライバシーポリシー
※送信前に必ず利用規約・プライバシーポリシーをご確認ください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加